bee
養蜂家のはちみつ直売所「ちぼり堂」の公式ホームページです
.

はちみつの種類

【すべてのはちみつを見る】

さくらの花のはちみつ

主な採蜜地
峰(横浜市)
川名(藤沢市)
長後(藤沢市)
採蜜時期
4月中旬~4月下旬
最新情報
さくら (3)
解説
和菓子の道明寺のような香りがお口に広がる春一番のはちみつです。トーストしてバターをつけたパンやヨーグルトなどの乳製品との相性は抜群。バニラアイスにかけて食べるのもオススメです。

菜の花のはちみつ

主な採蜜地
湯河原(足柄下郡)
採蜜時期
4月中旬~4月下旬
最新情報
菜の花 (5)
解説
ブドウ糖が多く結晶しやすいはちみつですが、固まり始めの頃によく混ぜ合わせるとクリーミーな状態になるので、わざと結晶させて食べる愛好家の方もいます。

アカシアの花のはちみつ

主な採蜜地
棚沢(厚木市)
川名(藤沢市)
長後(藤沢市)
善波(伊勢原市)
採蜜時期
5月中旬
最新情報
アカシア (3)
解説
色が薄くてクセが少なく、非常に食べやすい味です。アメリカハリエンジュ(通称:ニセアカシア)というマメ科の花から採れたものが一般的に「アカシアの花のはちみつ」です。直売所でもおなじくニセアカシアの花のはちみつを採蜜していますが、神奈川県内ではここ数年採れる量が減少しつつあります。

ふじの花のはちみつ

主な採蜜地
峰(横浜市)
川名(藤沢市)
善波(伊勢原市)
採蜜時期
4月下旬~5月中旬
最新情報
ふじ (4)
解説
藤棚の下にいるような香りが口いっぱいに広がります。アカシアと同じマメ科の花なのでクセの少ない上品な味です。そのままはもちろん、あたたかい飲み物や料理に使ってもほかの味を邪魔しません。

みかんの花のはちみつ

主な採蜜地
長後(藤沢市)
善波(伊勢原市)
真鶴(足柄下郡)
湯河原(足柄下郡)
採蜜時期
5月中旬~6月上旬
最新情報
みかん (4)
解説
さっぱりとした柑橘系の後味が特徴のはちみつで、紅茶やパンによく合う飽きのこない味です。神奈川県では小田原以西が主な採蜜地です。直売所では容器をお持ちいただければ、量り売りにも対応しています。

ブルーベリーの花のはちみつ

主な採蜜地
小田原(小田原市)
採蜜時期
4月下旬~5月上旬
最新情報
ブルーベリー (4)
解説
柔らかい甘みと程よい酸味のバランスが絶妙なはちみつです。
採蜜量が少ない希少蜜でもあります。

かぼちゃの花のはちみつ

主な採蜜地
三浦(三浦市)
採蜜時期
6月上旬~6月中旬
最新情報
かぼちゃ (3)
解説
やさしくほっこりとした甘さで女性に人気があるはちみつです。甘味が最後まで口に残るのが特徴です。

ヘアリーベッチの花のはちみつ

主な採蜜地
長後(藤沢市)
採蜜時期
6月上旬
最新情報
ヘアリーベッチ (1)
解説
果樹園の下草に使われる紫色の花です。しっかりとした香りと共に爽やかな味が口いっぱいに広がります。

百花のはちみつ

主な採蜜地
小田原(小田原市)
棚沢(厚木市)
川名(藤沢市)
長後(藤沢市)
善波(伊勢原市)
真鶴(足柄下郡)
湯河原(足柄下郡)
三浦(三浦市)
採蜜時期
4月下旬~7月下旬
最新情報
百花 (1)
解説
たくさんの種類の花が同じタイミングで咲きそろうとミツバチはあちこちの花へ向かいます。こうして採れたはちみつが百花蜜です。花の咲き具合やしぼるタイミングによってさまざまな自然の味に出会えます。単花蜜(1種類の花のはちみつ)よりお求めやすい価格となっています。直売所では容器をお持ちいただければ、量り売りにも対応しています。

スズメバチの蜂蜜漬け「時騒ぎ」

主な採蜜地
-
採蜜時期
-
最新情報
時騒ぎ (1)
解説
秋になるとミツバチを狙ってやってくるスズメバチ。そのスズメバチを生きたまま百花蜜に漬けてエキスをださせ、一年以上熟成させています。疲労回復やここ一番ガンバりたいときにオススメです。1日10g(茶さじ2杯)が目安です。

蜜ろう

主な採蜜地
-
採蜜時期
-
最新情報
蜜ろう (1)
解説
ミツバチのお腹の横から染み出る”ろう片”を集めて作られるミツバチの巣、それが蜜ろうです。溶かして芯を入れ固めればキャンドルに、馬油やホホバオイルなどと合わせれば保湿力の高いハンドクリームなども作れます。